TOPRPG RADIO LIVE MUSIC WORLD
オズの西遊記の基礎知識
「オズの西遊記」とは?


 渋谷に住む少女、三蔵法子(みつくらのりこ)は、育ての親に迷惑をかけたことを苦に家出する。そして竜巻にのまれた法子は不思議な世界にたどり着く。そこで出会ったブリキの悟空、ライオンの八戒、かかしの悟浄とともにオズの国を目指して旅をすることに。しかしそれはすべて法子のぬいぐるみトトの仕掛けたことだった・・・

◆アイデアが生まれたのは貞方の高校時代にまでさがのぼる。西洋の童話「オズの魔法使い」と東洋の物語「西遊記」に多くの類似点があることに気づき、それを織り交ぜてみたら面白いのではという遊び心が生んだ作品。

◆当時、渋谷のイベント「ストリートオーディション」のプロデューサーだった貞方は渋谷に深い思い入れがあった。以前の渋谷センター街は牛丼屋とハンバーガーショップがいくつも立ち並ぶ飲食店街で、物語の舞台とした。

◆初出は、貞方祥が主宰した劇団シャングリラ騎士団の作品として自らが作・演出した1988年の演劇作品。主演はものまねタレントで有名となった星奈々、2度の再演では今井麻美子が演じた。劇団の設立時のメンバーには、ジャパンアクションクラブ出身者が多く、当時の小劇場界では珍しいアクション主体の公演であった。また、劇場の雰囲気を大切と考え、築地本願寺を会場に選び、独自の雰囲気を作り上げた。

◆現在では何度もの書き直しが行われ、新たなエピソードを加えた壮大なファンタジー作品にアレンジされ、コミック化、ゲーム化、舞台化など様々な展開が計画されている。

◆今回の朗読ライブは、法子が悟空たちと出会い、オズの国を目指す「GO WEST編」という物語がベースとなっている。原案にあるオズの国にたどり着いてからのマンチキンズサーカスや、エメラルドシティ城でのエピソードは省略されている。なお、悟空たちの西遊記の時代から本作までの間の物語「BL編(Before Legend)」の一部が今回の朗読ライブの毎月のゲストエピソードとして紹介される。また「GO WEST編」以降の「WIZ編」は、法子誕生の秘密や、七大聖大戦、ジンジャー海賊団の登場、、巨大ロボット・ビックフェイスの復活など壮大な大戦時代が描かれる予定である。

タイトル
オズの魔法使い
西遊記
オズの西遊記
発表年
1900年
16世紀ごろ
1988年〜
原作者
ライマン・フランク・ボーム
不明
貞方 祥
登場人物
ドロシー
ブリキの木こり
ライオン
かかし
三蔵法師
悟空
八戒
悟浄
三蔵法子
ブリキの悟空
ライオンの八戒
かかしの悟浄
旅の目的
願いを叶えてもらうため、オズの大魔王に会いに行く
長安から天竺まで経典を取りに行く
それぞれの夢を求めてオズの国へ行く
道しるべ
黄色いレンガの道を西へ
シルクロードを西へ
センター街を西へ

西


中心
マンチキンの国
ウィンキーの国
カドリングの国
ギリキンの国

エメラルドシティ
東勝神州
西牛賀州
南贍部州
北倶蘆州
須弥山
東の妖術世界
西の魔法世界
人間界
天上界

虹の彼方の国

虹の彼方の国


「オズの魔法使い」とは?


 ライマン・フランク・ボームが1900年に著した児童文学作品。オズのシリーズとして、ボームが14冊、ボームの死後に他の作者等が多くの物語を出版している。

 1939年に製作されたMGMのミュージカル映画はあまりに有名。主演のジュディ・ガーランドが歌う劇中歌「オーバー・ザ・レインボー(虹の彼方に)」は誰もが聴いたことのある名曲である。

 アメリカ・カンザス州に暮らす少女ドロシーは竜巻に家ごと巻き込まれて、飼い犬のトトと共に不思議な「オズの国」へと飛ばされてしまう。家に帰りたいドロシーは、途中で脳みその無いかかし・心が欲しいブリキの木こり・臆病なライオンと出会い、それぞれの願いを叶えてもらうため、エメラルドの都にいるというオズの大魔王に会いに行く。大魔王は西の悪い魔女を退治すればそれぞれの望みを叶えてくれると約束するが、実は大魔王の正体はただのペテン師で・・・

 ドロシーたちが旅をするのが、東のマンチキンから西に向かう黄色いレンガの道。オズの国には東に青色の国マンチキン、西には悪い魔女エルファバが治める黄色の国ウィンキー、南には良い魔女グリンダが治める赤色の国カドリング、北には紫色のギリキンがあり、中心にエメラルドの都が存在する。「オズの西遊記」ではこの世界を西の魔法の世界もしくはオズの国と称している。ちなみに若き日のエルファバとグリンダを描いた物語が、劇団四季によって上演中の「ウィキッド」である。




「西遊記」とは?

 中国で16世紀(明の時代)に大成した伝奇小説。著者は諸説あるが定かではない。

 唐の僧侶・三蔵法師こと玄奘三蔵は、観音菩薩の命を受けて天竺へと取経の旅へ出る。途中で出会った孫悟空、猪八戒、沙悟浄を供に従え、牛魔王や金角銀角大王などの妖怪たちと戦い、さまざまな苦難を乗り越えて天竺へ経を取りに行く物語である。

 日本では様々な形で作品化されており、中でも堺正章や香取慎吾が悟空を演じたドラマは有名。 夏目雅子や深津絵里が三蔵法師を演じた為、三蔵法師は女性というイメージが強いが、原作では男性の僧侶。また、沙悟浄がカッパであるというのも日本でアレンジされた設定である。

 旅をした道が西の天竺まで続くシルクロードというのは有名な話。その世界は、大海の中に四つの大陸、悟空の生まれた東勝神州や、八戒たちのいた北倶蘆州、三蔵法師の旅の出発地だった長安のある南贍部州、一行が目指した天竺のある西牛賀州が四方に存在する。「オズの西遊記」ではこの世界を東の妖術世界と称している。


孫悟空・・・東勝神州は傲来国「花果山」の石から生まれた猿。自らを斉天大聖と称し、牛魔王をはじめ七大聖の義兄弟となり、天界の官吏となるが、不老長寿の仙桃を食べ尽くしたため天界を脱走。しかし、釈迦如来によって五行山に封印されてしまう。数百年後、観世音菩薩の救済によって三蔵法師の弟子となり、天竺までの取経の旅に出る。

猪八戒・・・摩利支天の配下・御車将軍を経て、天界で天の川の水軍を指揮する天蓬元帥だったが、女癖の悪さから天界を追われて地上に落とされてしまう。豚の妖怪に成り下がるが、観音菩薩と出会い「猪悟能」という名と戒律を与えられる。菩薩との約束通り訪れた玄奘三蔵に弟子入りし、孫悟空、沙悟浄らと共に天竺まで経典を求めて旅をする。

沙悟浄・・・捲簾大将という天界の役人であったが、天帝の宝である器を割った罪で天界を追われ、南瞻部州・唐土の流沙河で妖仙となるが、観音菩薩と出会って慈悲を乞い「沙悟浄」という法名と戒律を与えられる。八戒同様に菩薩の約束通り訪れた玄奘三蔵に弟子入りし天竺まで旅をする。



トップにもどる
Copyright (C)SHOWMAN'S All rights reserved